Concept

和マスクの開発への想い

着物職人を守りたい!
創業104年の呉服店が作った超シンプルなマスク、マスクケース

04-1

【職人を守る】
私たちは大正5年創業の着物専門店です。移りゆく時代とともに、着物に関するお尋ねごとにお答えしながら、地域のお客様とともに歩んでまいりました。どんなに時代が変化しようとも、着物という文化を守って、未来の子供たちに残すこと。これが、私たちの使命だと考えています。
私たちの大切にしていることは、「職人さんの存在」です。職人さんの存在無くして、着物文化の継承はありえません。
手仕事にこだわって、高い技術で、美しいものを生み出している職人さんの存在を、様々な形で世の中に発信し続けて行くことで、お役に立ちたいと思います。

【伝統を守る】
日本には、日の目を浴びることなく、眠っている着物や帯がおよそ推定で20兆円ほどあると言われています。「着用する」というステージからは卒業して、次の「生かす」ステージへ。
日本国内だけではなく、世界に向けて、着物の技術の高さと美しさを最大限利用した小物を作りました。形を変えて、多くの方からより愛されるように。
日本を愛していただく、日本をもっと好きになっていただく、そのきっかけになれば幸いです

04-2

【マスク】
私たちも、私たちのできる範囲でマスクのお手伝いを。
着物屋らしく、素材にこだわった、肌に優しいマスクで、新しい日常をそっと応援します。マスク選びにお困りの方にも、おすすめです。
また、普段私たちの着物を縫っていただいている和裁士さんに、お仕事をお願いすることで、和裁士さんたちの手を休めないことにも繋がっています。

04-3

今後も、和の國は日本の伝統文化と着物職人の皆様を後押ししていきます。